専門誌の存在

旧車雑誌の中でも超有名雑誌

一部の業界的に騒がれている、というよりはイベントにしても何にしても盛大な盛り上がりを見せることもある旧車という存在ですが、その流れは雑誌の方でも通じている。昨今では雑誌の中でも休刊・廃刊が続々は発表されては、古参から購入し続けていた雑誌が無くなってしまうことに対して嘆きの声を上げる人も少なくない時代となってしまった。原因云々という話はともかくとして、そんな雑誌の中で隔月号ながら長く連載し続けている旧車雑誌がある。『Old-timer』と呼ばれるもので、こちらは旧車に関する特集記事という意味では業界でも最大手と語られているというのです。初耳の人もいると思うので、雑誌の起源的なところから紐解いていこう。

Old-timerが刊行されたのは1991年のこと、この当時は現在と違って定期刊行されていた雑誌であり、旧車をメインにした雑誌の中では最古参と語る人もいるほどそれなりに歴史を有しているものとなっています。当時と現在では雑誌として取り扱っている内容が異なってもいますが、その傾向は最近特に顕著とも言われています。定期刊行されていた過去と、現在隔月号として刊行されている現在とでは掲載内容も異なっているので、その点についても触れながら話をしていこう。

昔人気があった車

特徴として

まずは雑誌の特徴についてだが、旧車について特集する記事の中でも特に力を入れているのが、アマチュア・セミプロのオーナーに寄る高度なレストア過程を写真やキャプションを用いて、船名かつ国名に掲載しているのが、他の雑誌と異なるところだ。いわばクラシックカーなどを自分なりにレストアしたい人向けに刊行されている雑誌と称してもいいだろう。トコトンなくらい実践主義に重点を置いているため、マニアックな内容が多いとも言える。

いうなればこの雑誌は自分なりに自動車メンテナンスを独学というレベルと言うよりは、かなり凝りすぎている人が喜びそうな内容をかいていることが多いのも1つの特徴だ。中でも生産されなくなった自動車も取り扱っているため、そうした自動車の運転に必要な樹脂・ゴム部品・代替部品といったものをどのようにして補って加工するか、また家庭から出た廃油を実践的転用としてクラシックカーに応用する方法なども特集するなど、そのマニアックさが深淵といえるほどの内容となっているためクラシックカーに詳しくない、一般的な人が見てもあまり理解できない内容とも言える。それが面白いと感じる人は、自動車マニアの一歩手前と言っていいかもしれません。

かつての傾向として

この内容は現在まで引き継がれていますが、かつては雑誌の中で旧車の中でも1機種を1号に亘って徹底解明する傾向にありました。それこそその自動車の歴史から始まり、自動車に関する詳細な記事を作成するなどしている点も現在とは異なる点となっている。また自動車と所有者との関係に着目した内容と現在はなっているので、こうした点はかつて雑誌に見られたものとは違っているところだ。

またこれは共通となっている特徴だが、希少価値の高い旧車に関しては特集記事に取り上げることもないのも今雑誌に見られる特徴として語られている。

旧車に関する豆知識が詰め込まれた

上記のように、Old-timerの特徴として挙げられる点を総括するとクラシックカーを始めとした旧車を所有する人と言っても、必ずと言って自動車のメンテナンスが出来る人ばかりではありません。そうした際、自動車工場へと持ち込めば良いと考えている人もいるかと思いますが、旧車のようなすでに生産が中止されているものを直すとなったら技術的に必要な面が生じることもある。最悪出来ないからこのまま廃車するしかないと、価値を理解していない整備士がいる可能性も一概に否定出来ないため色々と考えたくない展開が待ち構えていそうだ。

この雑誌の場合そうした旧車を持ったとしてもきちんと整備できるところがない際に活用できる、整備方法などが詳細に記事として特集されているので、参考になる情報が掲載されている。旧車を購入して、長く使用したい人は一度手にとったら買い続けなければならない雑誌と言ってもいいかもしれませんね。

あこがれのクラシックカー 福岡 呉服町駅から徒歩5分圏内にありますクレアブック、お近くにお住まいの方で買取をご希望でしたら、当社はお客様のご要望に出来る限り期待に応えられるよう努力いたします!

興味深い内容

旧車が人気を博している状態は現在でも継続している人もいるでしょう。現在発売されている最新型のモデルにはない、独特の哀愁さが感じられる旧車に憧れを抱く人も多いはず。乗り回したいと思っても、工場などによっては対応不可と断られる可能性も否定出来ないため、そうした時には自分で最悪対処する事を考えなくてはならない。そこまで手先の器用なことは出来ないと考えるかもしれません、しかし旧車を持つということはそういうことなのです。すでに生産が終了している事を考慮すれば分かるように、時として自分で対処できなくてはならない事態などいくらでもある点だ。

Old-timerに掲載されている内容はそうしたメンテナンスは出来なくても旧車がほしいと思っている人向けに刊行されている雑誌、というふうに思っているといいだろう。

旧車を語る

クラシック派のあなたへ